■青年部員募集!!


職員人事異動

お疲れ様でした

頑張ってください





廣中  暁
振興課長

関口寛明
嘱託員

松本ありさ
記帳指導職員

平成19年3月31日退職

4月1日より
壮瞥町商工会勤務

<お知らせコーナー>

 平成19年度から定年引き上げ・継続雇用制度の義務年齢は63歳に引上げられます

 「高齢者等の雇用の安定等に関する法律」により、高年齢者の安定した雇用を確保するために、平成18年4月1日から事業主は以下の(1)〜(3)のいずれかの措置を、男性の年金(定額部分)の支給開始年齢にあわせて、男女同一に、段階的に65歳まで実施することが義務付けられています。
(1)定年の引上げ  (2)継続雇用制度の導入
(3)定年の定めの廃止
 なお、平成19年4月1日からは、雇用確保措置の義務化年齢が62歳から63歳に引上げられますので、65歳未満の定年を定めている事業所は、少なくとも63歳までの雇用確保措置を講ずることが義務付けられます。

 詳しくは、最寄のハローワークまたは北海道労働局職業安定部職業対策課までお問合わせください。
(電話 011−709−2311 内線 3683)

■女性部員募集!!

■新会員紹介

■商工会の主な動き

  白老町栄町1−6−13
    タケダ牧場 武田正吾さん

  白老町末広町2−2−6
    大晶工業株 杉澤孝昭さん
  
  白老町字萩野16−1
    スナックDeep 木村春秀さん
  
  白老町字萩野37
    スナックぴゅあ 柴田美樹さん

 1.15 労働局指導監査
      第3回商品開発・販路拡大委員会
   17 商工会期中監査
      第7回理事会
   23 商業部会幹事会
   24 商工会新年会
   25 青年部役員会
 2. 5 港まつり企画委員会
    8 さーびす業部会幹事会
   13 全国ふるさと見本市出展(〜16)
   15 女性部役員会
   20 さーびす業部会情報交換会
   21 第8回理事会、総務企画委員会
   22 商業部会情報交換会
   23 青年部役員会
   27 女性部ゲーリング大会
      地場産品消費拡大委員会
 3. 1 金融審査委員会
    2 工業部会情報交換会
    5 空き店舗対策協議会
    6 会報編集委員会
    9 商業部会勉強会、青年部定例会
   16 会報編集委員会 



<あるある豆知識〜お花見の由来〜>


 現代の花見とは桜の花を見ながら花見酒や花見団子などで宴会を催すことをさします。この習慣は大昔では祓(はら)いのための宗教的行事、元々は神事でお祭りだったそうです。「花見="桜"を見ること」となったのは、『源氏物語』「花宴」に描かれていることから平安時代くらいからとされています。
 その後、有名な豊臣秀吉の「醍醐の花見」などの時代を経て、江戸時代に移ると徳川吉宗が江戸の各地に桜を植えさせ、花見を奨励したことにより庶民の行事として定着したと言われています。こうして現代に受け継がれているみたいです。


                                <前のページへ>     <メニューへ>