カナダ ブリチッシュコロンビア州ケネル市は、バンクーバー市の北約670キロにある小都市。
同市に昭和44年、当町に工場のある大昭和製紙が工場を建設したことがきっかけとなり
昭和56年7月13日白老町が同市と姉妹都市盟約宣言をし、当商工会においても、
ケネル商工会と昭和59年5月14日姉妹商工会提携交流促進宣言をしております。

 

  以来、当町と子供たちを中心に相互訪問を通じて理解を深め、
平成3年には姉妹都市交流10周年を記念し、植樹際や記念式典などが行われております。
昭和57年 青年部海外研修事業でカナダのケネル市を研修先に決定。
寒地住宅の改善を目指して研修した。(商工会としては、この事業が交流のきっかけとなる)
昭和59年 5月14日姉妹商工会盟約宣言調印式が行われた。 昭和60年 ケネル商工会会長ハリー・ヒックマン氏、会員アレック・ルブラン氏来会。

 

  以来、当町と子供たちを中心に相互訪問を通じて理解を深め、
平成3年には姉妹都市交流10周年を記念し、植樹際や記念式典などが行われております。
昭和57年 青年部海外研修事業でカナダのケネル市を研修先に決定。
寒地住宅の改善を目指して研修した。(商工会としては、この事業が交流のきっかけとなる)
昭和59年 5月14日姉妹商工会盟約宣言調印式が行われた。 昭和60年 ケネル商工会会長ハリー・ヒックマン氏、会員アレック・ルブラン氏来会。

 

'86万博開催地がカナダのバンクーバーと言うこともあり、宣伝用のパンフレット配布を熱心に行っていた。 昭和63年 当商工会から視察研修団(4名)がケネル市を訪問。 平成2年 この年、小・中・高校生が視察団として参加し、ホームステイを通じカナダの家庭生活を体験した。
当商工会からも3名が参加。 平成3年 白老町が姉妹都市宣言をしてから10周年を迎え、記念式典や祝賀会が行われた。
商工会でも歓迎昼食会を開催し、記念品交換等を行った。
また、同年には白老町からも、町・町議会・学校・商工会・民間諸団体の代表団がケネル市を訪問し交流を行った。 平成6年 姉妹商工会盟約宣言をしてから10周年のこの年、商工会から13名の代表団がケネル市を訪問、
10周年交流調印式を両会長にて行った。